キッチンのリノベーション

リノベーションが始まると、間取りなどの空間デザインと同時に住宅設備の選択が始まります。

特に築年数が経っている中古マンションの場合、水廻り(キッチン、浴室、トイレ、洗面台など)の交換は必須といえますので、ショールームで商品を実際に見る機会は必要ですよね。

今回は、私が実際に訪問した東京都足立区のショールームとその感想をまとめてみました。

ショールームを訪問する予定がある人には必見の内容です。

それでは、行ってみよう!

ショールームの予約は絶対に必要!

訪問にあたって、まずはショールームの予約が必要です。
ショールームの予約先リンクを貼っておきますのでご活用ください。

急な訪問であってもショールームの混み具合によって内覧できるようですが、メーカースタッフが専属でついてくれるサービス(案内と説明をしてもらえる)は基本的に受けることができないので、インターネットで場所と日時を予約するのが吉です。

また、すでにリノベーションやリフォーム会社から図面やお見積もりをもらっている場合は、それを持参することで提案いただいているプランに沿った説明を受けられますので、あらかじめ準備しておくことをオススメします。

実際に各メーカーのショールームに行ってきました!

実際に東京都足立区に点在している各メーカーのショールームに行ってきました。

都心のショールームはコロナ禍もあって混雑が不安だったのと、家から近かったのがその理由です。

私が購入した中古マンションは、20年は住宅設備を交換していなそうなので、キッチン、浴室、トイレ、洗面台の水回り一式を交換する必要があります。

3日間に分けて、一通り相談に伺いました。

TOTO

TOTO足立ショールーム
訪問先名TOTO足立ショールーム
訪問先住所〒121-0075 東京都足立区一ツ家3-17-1
予約はコチラTOTOのショールーム

トイレといえばTOTOですよね。

私もトイレ目当てで行きましたが、さすがはTOTOのトイレ、汚れがつかない薬品を陶器自体に練り込んでいるため、他メーカーより汚れがつきにくい仕組みになっているんですよね。

今はリノベーション会社さんにご提案いただいている状況ですが、「トイレはTOTO一択!」と話される業者さんは多いです。

トイレ業界の勢力図的には、TOTO vs 他メーカーといった構造のようです。

私はトイレはもちろんのこと、洗面台が気になってしまいました。。。

クリナップ

東京北ショールーム
訪問先名東京北ショールーム
訪問先住所〒123-0841 東京都足立区西新井7-2-1
予約はコチラショールームご予約(商品のお見積りやご相談)

クリナップはキッチン目当てで行きました。

クリナップといえばステンレスですよね! ステンレスに特に力を入れているメーカーさんと認識しています!

キッチンに限らずですが、各メーカーは2~3シリーズ(クリナップだとセントロ、ステディア、ラクエラみたいな)を展開しています。

高価格帯、中価格帯、一般向けのようなシリーズ展開なのですが、システムキッチンの1位、2位はクリナップの高価格帯、中価格帯とリノベーション会社の人に聞きました。

システムキッチンを日本で初めて作ったのはクリナップで、ロゴのコピーライトにも「キッチンから、笑顔をつくろう」と書くあたり、キッチンへの並々ならぬ決意が感じられます。

お風呂も気になりましたが、我が家のお風呂サイズは製造しておらず断念。。

タカラスタンダード

タカラスタンダード 足立ショールーム
訪問先名タカラスタンダード 足立ショールーム
訪問先住所〒121-0074 東京都足立区西加平2-7-12
予約はコチラ見て、触れて、納得。顧客満足度の高いタカラスタンダードのショールーム

ホーローといえばタカラスタンダードです。

やはりタカラのホーローはとにかく頑丈で他社は真似できていません!

私が訪問した際、前々から噂に聞いていたパフォーマンスも見せていただき、その頑丈さは他メーカーにはないものでした。

鉄球を扉にぶつけたり金属ブラシで擦ったりするパフォーマンスなのですが、かなり乱暴にやられているのに傷一つつきませんでした!

住宅設備は出来ることなら10〜20年は使いたいものなので、頑丈であることや壊れないことは非常に重要です。

ホーローは、簡単に言うと鉄にガラスをコーティングしたものなので磁石がくっつきます。

磁石がくっつけば、カスタマイズの自由度も増し、使い勝手が良く仕上げられます。

キッチンだけじゃなく、浴室やトイレもかなり良かったです。

1番予約が取りづらかったので早めの予約がオススメです!

リクシル

LIXIL足立水まわりショールーム
訪問先名LIXIL足立水まわりショールーム
訪問先住所〒121-0063 東京都足立区東保木間1-4-7
予約はコチラリクシルのショールームページ

トイレといえばTOTO、ホーローといえばタカラスタンダードといった具合に、他メーカーは飛び抜けたジャンルがあるイメージですが、リクシルはどのジャンルにおいても安定して素晴らしいイメージで、使い勝手の部分でよく考えられてる印象を持ちました。

キッチン目当てで訪問しましたが、収納の非常によく考えられていて、かなり使いやすそうでしたね。

トイレはINAXというブランドなので、違うメーカーと勘違いしそうですが、同じリクシルのグループです。

また、リノベーション会社がリクシルの建具(ドアやクローゼットの扉、下駄箱など)を提案されてるケースも非常に多いので、水廻りのほかに建具のチェックも忘れないようにしましょう。

スタッフさんの案内がない、フリーの予約は取りやすかったです。

後日、オンラインでの打ち合わせをしました。

パナソニック

訪問先名パナソニック リビング ショウルーム 東東京
訪問先住所〒121-0055 東京都足立区加平1-13-7
予約はコチラパナソニック リビング ショウルーム

家電メーカーのイメージが強すぎて、なかなか想像できませんがキッチンもお風呂もトイレも作っているパナソニック。

お風呂とトイレを目当てで訪問しました。

トイレは中性洗剤を入れることで自動洗浄してくれる機能や、非常時に乾電池でトイレの水を流せるなど、なかなか家電メーカーらしい他社にはない発想があります。

家電イメージが強すぎて、予約を取り忘れてしまい、後日訪問しました笑。

オンラインショールームも有効活用しよう

実際に訪問したメーカーさんは大手で、私の住まい周辺であってもショールームはありましたが、遠くにあって見に行けないメーカーさんもありますよね。

コロナ禍でもありますので、遠くにあるショールームはオンラインで一度見て、気に入ったら訪問するというのも一つの方法だと思います。

Woodone

私の好きなキッチンで実際に見てみたいと思っていますが、訪問するのに少し遠いのでオンラインで見てみました。

やっぱり木製は素敵ですね〜。他社は木目調のシートなのに対して、こちらは純な自然素材ですので、お好きな方は是非!

ショールームの予約はコチラ

トクラス

あまり聞きなれない会社名ですが、以前はヤマハリビングテックという社名でヤマハグループの一つでした。

システムキッチンが有名で「逃げ恥」のキッチンはこちらのメーカーの商品だそうです。

ショールームの予約はコチラ

最後に

リノベーション会社の提案やメーカーのカタログを見ていても、実際に見たり体験してみないと商品の良し悪しはわからないですよね。

短くても10年近くは使用するキッチンやトイレ、浴室や洗面台などはショールームで実物を見て決める必要を強く感じました。

コロナ禍もあって予約が取りづらいメーカーもあるので、早めに予約をオススメします!

最終決定まで平均して2〜3回は訪問するらしいので、私も引き続き参戦していきます笑

それでは!

Recommend Contents